個別指導塾の長所

マンツーマン指導を受けられる

個別指導塾はマンツーマン指導を受けられるのが原則になっているのが優れている点です。集団指導と違って塾講師に対していくらでも質問をすることができ、他の生徒のことを気にしてためらう必要はありません。講師の方も授業時間内は一人の生徒だけを見ているので、もしかしたら理解できていないかもしれない、質問したいことがありそうだと察してくれるでしょう。マンツーマン指導の場合には授業内容も生徒に合わせてもらえるのも魅力です。理解できているところは飛ばし、わからないところに十分に時間を割くという形で総合的なレベルアップをしやすくなっています。 一方、マンツーマン指導では生徒が授業に対して集中しやすいのも特徴です。生徒と塾講師の距離が近いので気持ちが授業に向きやすく、飽きてしまうこともあまりありません。ちょっとした不満を言うこともできるのでストレスが溜まってしまっても発散しながら学ぶことが可能です。また、一対一の状況では緊張感もあるので居眠りをしてしまうようなこともありません。塾講師の方も緊張感を持って授業に臨むことになるので、質の高い指導を受けられる可能性が高くなっています。適度な緊張感を双方にもたらしてくれるのが良い点なのです。

塾がノウハウを持っている

個別指導塾では何人かの塾講師を抱えているのが一般的で、その全員が質の高い授業を行えるようにするのが塾にとっては大きな使命になっています。新しく雇った塾講師にもベテランの塾講師と比べて劣らないような指導をできるように工夫をしているのが一般的で、教え方のマニュアルを作成したり、定期的に研修をしたりして塾講師のレベルを一定以上に保っているのが典型的な方法です。塾で培ってきたノウハウもマニュアルに記載する、あるいは研修で実践的に学ぶという形を整えているので、個別指導塾では充実した内容の授業をどの講師からも受けられるでしょう。 最近ではフランチャイズによる個別指導塾の起業も多くなりました。その影響で幅広くノウハウを持っている塾が増加している傾向があり、身近なところにある新しい塾でも充実した教育を受けられるのが通例です。フランチャイズで起業したことにより得られたノウハウと、自分なりに考えてきた教え方を組み合わせることで独自の授業の仕方をして実績を上げている塾も豊富です。色々な塾があるので生徒としては自分に合っている塾を選べる状況があるのも魅力で、しっかりと学力を伸ばせる場所を見つけることができるでしょう。